がんばるおっさんサラリーマンパパのFXブログ
少しプラスの所得を目指して、FXの取引内容、ポイント集め、日常考えたことを書いてます。

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
今日で1月も終わり。
FX1月を振り返ると
正月休みの時に調子が良くて、
3万円プラスまで行ったのですが、
そのあと、ロングポジションを持つと
ことごとく損切。

結局、1月の成績は1000円プラスだけと
なってしまいました。

プラスが多くなると余計に儲けようと思ってしまったのか、
余計なポジションを取りすぎてしまったような。

そんなわけで2月はショートポジションのみを
持って、プラスに思っていけるとがんばろうかと
思っているところです。

FC2ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
昨日はサポートラインがレジスタンスラインに
変わると思ったところで、
ポンド円ショートを狙ってみたのですが、
あえなく損切り。

豪ドルもロングを指値で狙ってみたのですが、
失敗。

1月28日は2連敗。

1月は最初はよかったのですが、
連敗が続くこともあり、
ほんの少しの利益。

今日と明日で
マイナスなったら最悪ですが…
豪ドルショートで
日をまたいでしまうと
マイナススワップがついてしまう。

そんなわけで豪ドルショートを
するのは嫌いだったのですが、
トレンドラインをひいて、
ショートでいけると思えば、
ありかと最近思ってきます。

今日は豪ドルショートでプラス10pips。
午前中に急に円安に動いたので、
決済しておいて、正解でした。

細かく利益上がってますが、
ドカン利益上がらないかな…

今日のテレビ欄を見ていて、
びっくり。
けっこう好きで見ていたお試しかっ
最終回。七年していたみたいだ。

帰れまテンでは
お店の売れ筋をランキング形式で
紹介してくれていて、おもしろかった。

しかし、最近ではあきられてしまったのか。
違うコーナーをしていた。

それから、あまり見なくなっていた。

おもしろさを持続させるって、難しいものですよね。

今日は豪ドル円ロングしました。
94.56。

指値注文で。
損切りは値幅でしているので、
ほんの3、4銭のところでまぬがれ、
少しの利益で逃げることができた。

ほんまの紙一重。

1,2銭の差で利益が出たり、
損がでたり、細かく考えていかないと
いけないかと思ってしまいました。

FX 1月21日の取引。

陰線のひげが出たので、
そこで豪ドル95.51ロングしたところ、
自分の損切りにひっかかってしまった。

スプレッドが2.4のFX会社なので、
ちょうどひっかかってしまった感じ。

もしも、それ以内のスプレッドのところなら、
利益が上がっていた。

少しの差のスプレッドで
だいぶ違ってしまうので、その辺も考えないと
いけないと思ってしまいました。

昨日、
NY市場祝日。

レンジ相場とよんで、
豪ドルショート96.26を
いれたところ、円安に動いてしまい、
損切り。

考えが甘かった。

慎重にチャートを見て、判断するべきでした…
今日の新聞記事で
大学卒でどう稼ぐ力を養うかというのが
ありました。

大学卒でも今は2割ぐらいは
非正規雇用になっているみたいです。

確かに社会人になってから、仕事を覚えることに
なるのでしょうが、
2〜3年ぐらいはかかりますよね。

大学時代に経理会計で弥生会計の実践や
部品製造だったら、よく使われる機械の動かし方を教わっていたら、
だいぶ変わりますよね。

自分が大学時代のときはあまり深く考えていなくて、
後悔しているところもあります。
最終的には社会人になってとどれだけ稼ぐかが
重要になってくるので、
早め早めに対策しておく必要があるかと
今になって思いますね。
ファミリーレストランに
ランチ食べに行きました。

去年、消費税が8パーセントになったときに
100円値上がりしてました。

実質、便乗値上げ。
ところが今回は値段が8パーセントになる前の
値段に戻ってました。

消費税があがって、さらに値上げとなると
お客さんが少なくなってしまったのかと

ところどころ買い物に行ったり、
食べに行ったりしてますが、全体的に
お客さんの入りが悪いような気がするので、
消費が落ちていますよね。

やっぱりみなさん節約してますかね。

1月16日のFX取引。

アメリカで消費者物価指数の発表が
22時30分にあり、結果がよかったので、
これは円安にすすむと思って、
豪ドルロング95.66を持ちました。

昨日は損切もありましたが、
取り戻した感じ。

余計なポジションをとらないように気をつけよう。